新幹線の仮眠ホテル

JR有楽町駅近くで火災があり、その影響の為に新幹線客など、随分と損害が大きかったようです。
ちょうどお正月の帰省や旅行の時なので、一つの駅の近くで起きただけの火事で、新幹線客約32万人、JRの関係客約27万人もの足に影響が出たということが驚きです。
火事自体のけが人はいないようでしたが、ここまでくると大惨事です。
新幹線の高架近くの建物の火災とのことで、このような場所でのダメージは、本当に怖いものだと感じました。
東京、名古屋、大阪、博多の駅では、帰宅できない客のために、新幹線の列車内で仮眠できるようにしてくれたようです。
私はこのような経験はないですが、電車に缶詰めになったことは、二時間程度ですがあります。
三歳の子供を連れていたうえに、とても車内が混んでいたので、早く動かないかなと辛い思いをしました。
新幹線が大好きな子供なら、新幹線で泊まれるのも嬉しい誤算かもしれませんが、大部分の子供連れの親さんの気持ちを思うと、大変だっただろうなと思います。